【乳がん|女性特有の病気リスク】

早い段階で転移する危険ながん

レディースドックの主眼のひとつ、乳がんについてコンパクトにまとめたページです。

 

近場で幅広い選択肢から最適・最安のレディースドックを探せるのはコチラ

 

乳房の構造と乳がんの種類

乳腺は乳汁を作る小葉という組織と乳汁を運ぶ乳管でできています。

 

乳管に細かい小葉が、花かブドウのようにたくさんぶら下がってできたひと房が腺葉と呼ばれる単位。

 

乳腺は15から20房の腺葉が集まってできています。

 

乳房は、乳腺と脂肪で構成された組織です。

 

乳がんができる部位は、乳管がメインで、小葉が少し、あとは特殊で稀な乳がんです。

 

乳がんの症状

乳がんの典型的な症状は、乳房のしこり、乳房の「えくぼ」、何らかの乳房の皮膚症状などです。

 

それから乳房に近い部位、つまりわきの下や胸の中央上部、鎖骨上などのリンパ節の腫れです。

 

しかし、以上のような症状は乳がん以外の原因も考えられ、深く受け止めないまま症状が進む場合もあります。

 

特に自覚症状がないまま、マンモグラフィーで発見されることも多いです。

 

また、乳がんは早い時期から遠く離れた部位に転移します。

 

転移したがんが自覚症状を引き起こして検査を受け、それで原因が乳がんだったと判明することもあります。

 

発症時期や危険因子

一般的には、乳がんのリスクが高まり始めるのは30代です。

 

そして40代にピークを迎え、閉経後はリスクが低下していきます。

 

では、なりやすい人はどんな人か?

 

初潮が早い、初産が遅い、といった人の発症率が高いことがわかっています。

 

これは女性ホルモン(エストロゲン)が体内に多い時間が、人生の中で長いということとイコールです。

 

エストロゲンは女性美を作り出す重要なホルモンですが、それに曝される時間が長すぎることは乳がんのリスク要因として指摘されています。

 

母、姉妹など血縁者に乳がん発症者がいる場合も、リスクは高くなります。

 

乳がんの治療

手術で病変部位を切り取ることが基本です。

 

早いステージでの発見の場合、乳房の一部切除・全切除などが行われ、その後の良好な経過も期待できます。

 

お腹や背中の脂肪を使って、切除した乳房を再建する形成外科医の手術も進歩しています。

 

他には、放射線治療、薬物療法(ホルモン、抗がん剤)などが補助的に用いられます。

 

末期ステージで手術がもはやできない場合は薬物療法などがメインになります。

 

また、乳がんは早い段階で他の臓器に転移しやすいがんです。

 

すでに転移している場合は、そのがんの治療も平行して行うことになります。

 

乳がんの検査

視診・触診 左右の形の差、皮膚表面の様子をみたり、さわってしこりの有無を見たりします。
マンモグラフィー 乳房を板で挟んで薄く引き延ばし、X線撮影します。
超音波(エコー)検査 乳房に超音波を照射し、反射波を画像化して、中の様子を見ます。
細胞診・組織診 乳頭からの分泌物、麻酔して細い針を刺して採取した乳房の細胞などを調べます。
全身スクリーニング CT、MRIなどを使えば、他の部位の転移も含めて確認できます。

 

レディースドックでは、一人一人の年齢や心配、自覚症状に応じた乳がン検査を組んでくれます。

 

30代以上の人は是非受けたいものです。

 

近場で幅広い選択肢から最適・最安のレディースドックを探せるのはコチラ